パキスタンと尾崎織マーク

パキスタンでひとつずつ手作りされる、金モールエンブレム

スポーツ団体、各種学校、官公庁等の正装に用いられるブレザーの胸に、従来から取り付けられてきた格調高いモールエンブレム。
1mm~1.5mmの細い金属線をコイル状に巻いた素材と、様々な生地、金・銀糸等を用いて作られるモールエンブレムは、主にパキスタンやインドで生産されています。

1970年、弊社はモールエンブレムの産地、パキスタンに足を運びます。
当時のパキスタンは現代とは比較にならない遠い国で、情報量も少なく文化、宗教、生活習慣、触れるすべてが日本とはまるで違っていました。
現地に何度も足を運んでは沢山の工場を回り、パキスタンの方たちとの交流が増えていくにつれ、国同士の距離、そして人同士の距離が少しずつ近づいていきました。

あれから40数年、パキスタン協力工場と弊社が積み上げた相互信頼と実績は、お客様に確かな品質のモールエンブレムをご提供し続けています。

©2019 尾崎織マーク 株式会社
page top