繊研新聞に掲載されました

171025繊研新聞繊研新聞「2017年10月25日付」に、弊社の記事が掲載されました
——————————————————

尾崎織マーク エンブレム・ワッペン強化

尾崎織マーク(京都市、尾崎竜造社長)は、エンブレム・ワッペンの提案を強化する。3Dワッペンや凹凸感のあるワッペンなど、既存の技術を組み合わせたり、ハンドメイド調の精密なエンブレムなど、斬新さや高級感をもった商品を相次いで開発、提案している。

同社は織りや印刷ネーム、タグなどの事業を柱に、多彩なマーキング事業を展開する創業90年を超える企業。エンブレムやワッペンも早期から展開している。スポーツ団体や学校、官公庁のユニフォームなどのエンブレムやワッペンを手掛け、東京オリンピックや大阪万博などでも、モールエンブレムなどを中心に選手団や事務局のユニフォームなどに使われた。

20年の東京五輪・パラリンピックに向けて、ユニフォームだけでなく、アウターでもエンブレムやワッペンの需要が高まっていることから、自社の技術を掘り起こしながら、取り組む。国内外の技術を駆使して、エンブレム・ワッペンの提案を強化する。
部材を組み立てることで立体的に表現する3Dワッペンや、シリコーンで立体感を演出した上に糸を走らせて凹凸感を表現した商品、既存の技術を組み合わせて新しい表現を目指したワッペン、ハンドメイドでより高級感を演出したモールエンブレムなどを相次いで開発した。100枚からの受注に応じる。

オリンピックや企業で過去に使われたビンテージ品なども公開し、需要を喚起する。ユニフォームだけでなく、タウンのアウターアイテムやバッグなどの雑貨市場にも提案し拡販する。

page top